手足のしびれ
一言に手足のしびれといっても,その原因は様々です.人間は手足や体の感覚を神経で伝え最終的には脳で感じ取っています.ですから手足の先端から脳にいたるまでどこで問題があってもしびれや痛みなど知覚の問題が生じ得るのです.しかし問題が起きる場所によって同じしびれと言っても症状に差があります.以下に代表的な病気の種類と症状の特徴を挙げます.
I. 脳の問題
@ 脳梗塞 ? 突然症状が出て持続的です.どちらかの体半身がしびれ  
       ます.両側同時にと言うことは希です.脱力や言語障害を 
       伴うことが多いです.緊急の対処が必要です.
A脳出血 ? 特徴は脳梗塞と同じです.高血圧の方に多いです.
II. 脊髄の問題
@ 頚椎症 ? 椎間板ヘルニアに代表される頚椎での神経の圧迫病変で  
       す.腕の沿って縦にしびれや痛みが出ます.手足の先端だ
       けのしびれの場合もあります.上背部の痛みを伴うことも
       あります.姿勢や首の動きで症状が変化する事もあります.
A腰椎症 - 椎間板ヘルニアに代表される腰椎での神経の圧迫病変で  
       す.お尻から下に降りるように痛みやしびれがあります.
       腰痛を伴うことが多いです.
III. 末梢神経の問題
@ 首や肩の筋肉 ? 頚椎から枝を出した神経は頚部の筋肉の中を通り 
       腕に向かいます.したがって首や肩の筋肉の緊張やこりが 
       強くなると背部から腕の痛みやしびれを感じることがあり        
       ます.
A 肘や手首の靱帯 ? 頚椎から延びた神経はさらに肘や手首の靱帯の 
       中を通り末梢に向かいます.肘や手首の靱帯が肥厚し神経
       を圧迫し神経の分布に沿ってしびれを来します.
以上,比較的よく見かける手足のしびれの原因を挙げました.その他にもいろいろな原因がありますが,まず正確に原因を特定することが的確な治療への第一歩となります.

トップへ

戻る